1週間以上の出張にはどちらがオススメ?ビジネスホテルとウィークリーマンションを徹底比較

出張時に宿泊する場所は、ビジネスホテルやカプセルホテル、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなど様々な選択肢があります。今回は、1週間以上の出張をする方に向け、ビジネスホテルとウィークリーマンション、それぞれの特徴と条件に合わせてどちらがおすすめかをまとめてみました。長期滞在の出張が多い方や、どちらか片方しか利用したことがなく改めて比較したい方はぜひ最後までチェックしていってくださいね。

ビジネスホテルの特徴

まずは、基本的に宿泊先として最も選ばれやすいビジネスホテルの費用相場やメリット・デメリット、利用できるサービス等の特徴をご紹介します。

ビジネスホテルの特徴と合わせて、あなた自身が出張時に必要とするサービスや設備が備わっているかどうか、宿泊時にどうしても譲れないことがビジネスホテルで補えるかどうか等も確認してみましょう。

ビジネスホテルの費用相場

都内の主要エリア、広さ20平米、1週間滞在、この3つの条件でリサーチしたところビジネスホテルの費用相場は以下のようになりました。

費用相場:¥38,000~¥46,200

20平米は畳数で言い直すと約12畳ほどの広さで、室内には大抵の場合ベッド、デスク、椅子、テレビ、お風呂、トイレが揃っています。また、上記は渋谷や新宿等の主要エリアにあるホテルですので、この費用でアクセスも良く1週間を超えるホテル生活でも不自由なく過ごせると考えていいでしょう。

ビジネスホテルのメリット

ビジネスホテルの場合、消耗品の補充や掃除の必要がなく、タオルやシーツもホテルのスタッフが毎日取り替えてくれるので手間をかけることなく毎日清潔に過ごすことができます。さらに、ルームサービスやレストラン、施設が充実しているホテルであれば大浴場も利用することができ、慣れない土地での生活も疲れを溜め込まずに過ごせます。

ホテルであれば宿泊者が利用しやすいように駅チカに建っていることも多いので、アクセスの良い好立地な場所を選べるのも嬉しいですよね。

ビジネスホテルのデメリット

ホテルであれば自分でしなければならないことが少なく仕事に集中できる一方で、ウィークリーマンションよりも費用が高くなってしまうところがデメリットとして挙げられます。

さらにホテルの室内は最低限の設備しか整っておらずキッチンや洗濯機は併設されてないことがほとんどです。1ヶ月を超える長期滞在やリモートワーク等で外に出ることが少ない場合には、食事をするにも洗濯をするにもわざわざ外に出てスーパーや飲食店、コインランドリーまで足を運ばなければならないので、不便に感じることがあるかもしれません。

ウィークリーマンションの特徴

次に、ウィークリーマンションの費用相場やメリット・デメリット、利用できるサービス等の特徴をご紹介します。マンションと聞くと一時的な宿泊には向いていないように思えますが、コスト面や室内設備で見ると意外にも出張時に使いたいと思えるポイントが沢山あるんです。

ウィークリーマンションの費用相場

先ほどのビジネスホテルと同じ条件で探した場合、ウィークリーマンションの費用相場は以下の通りです。

費用相場:¥15,400~¥32,000

場所や広さなど、同じ条件でもウィークリーマンションの方が宿泊費は割安となっています。

では、コスト以外にはどんなメリットがあるのでしょうか? 反対に、ウィークリーマンションでの宿泊はどんな場面でデメリットを感じるのでしょうか。ビジネスホテルと同様にそれぞれまとめて解説していきます。

ウィークリーマンションのメリット

1日あたりの宿泊費が安く、マンションというだけあってほぼ一人暮らしをするのと同じ要領で普段の生活とほとんど大差のない生活を送れます。

家電製品も部屋に揃っている為、コインランドリーやコンビニに通わなくても自分で自炊・洗濯をすることができます。忙しい出張時にはなかなか帰宅後に外に出ることも難しいかもしれません。となると、自分の部屋で家事を済ませることができる方が楽ですよね。

コスト面でも無駄な出費が無くなるので宿泊費と合わせて節約することができ、全体的にかかるコストを安く抑えられるのもメリットのもポイント。マンションによっては1ヶ月や2ヶ月を超える長期で宿泊する場合には、通常の宿泊料金から値引きされることもあるんです。

ウィークリーマンションのデメリット

ホテルのように常時スタッフがいるわけではないので、身の回りのことはすべて自分でやらなければいけません。

慣れない土地で仕事をして疲れ切った状態で家事をすることが手間に感じる方は、ウィークリーマンションは向いていないでしょう。また、あくまでマンションなので契約の手続き等もあり、宿泊までに多少手間がかかるといったデメリットもあります。

ビジネスホテルとウィークリーマンション、結局どちらがオススメ?

1ヶ月程度までであれば、ウィークリーマンションの方が安いとはいえビジネスホテルとさほど大きな違いはありません。ただし、今回紹介した通り室内の設備やサービスが全く異なるので、出張時にどんな環境で仕事以外の時間を過ごしたいかが宿泊先選びのポイントになるでしょう。例えば、仕事だけに集中したい、余計なストレスは増やしたくない、普段自分で家事をしない、そんな方はビジネスホテルがオススメです。

一方で、少しでも出張費を安く抑えたい、自宅を同じように過ごしたい、そんな方はウィークリーマンションがオススメです。宿泊が1ヶ月を超える長期滞在になるのであれば、ウィークリーマンションの方が宿泊費用が安くなる場合が多いので、具体的な滞在期間も合わせて考えると、より選びやすくなるかもしれません。

出張の疲れを少しでも癒せるように、条件にあった宿泊先選びを

慣れない土地での仕事は、どんな人であってもいつも以上に疲れが溜まるもの。だからこそ、宿泊先で過ごすプライベートタイムは少しでもリラックスして過ごしたいですよね。今回紹介したコストやそれぞれのメリット・デメリットを踏まえ、ビジネスホテルとウィークリーマンション、どちらも状況に応じて利用してみてくださいね。

こちらの記事を共有する:

Share on twitter
ツイートする