快適な出張のために!ビジネスホテルの選び方・料金を抑えるコツを徹底解説

出張の際にぴったりなビジネスホテルを探すのは手間がかかりますよね。ホテルの選び方、宿泊時の費用を抑えるコツ、ホテルの予約が取れない時の対処法をそれぞれいくつかのポイントにまとめて徹底的に解説していきます。知っておくとすぐに活用できるポイントばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

出張で宿泊するビジネスホテルを選ぶ5つのポイント

疲れも溜まる出張時のホテルでは、できるだけストレスなく過ごしたいですよね。快適なホテルステイを実現するためにも、まずはホテル選びの際に抑えておきたい項目を5つご紹介します。

1. 駅チカのビジネスホテルを選ぶ

まず大事なのは、宿泊するホテルが駅チカであるかどうか。駅とホテルが離れていると道に迷ってしまったり、朝が早く夜が遅くなってしまったりとデメリットが多くなります。その為、駅から大体5分圏内くらいでビジネスホテルを探すのがいいでしょう。さらに、駅周辺はコンビニや飲食店などが充実している場合も多いので、食料品や急遽必要になった物などをすぐに買うこともできますよ。

2. ホテルでも作業する場合はデスクがマスト

ビジネスホテルによっては、室内にベッドとテレビのみなんてこともしばしば。デスクがなければ必然的にベッドの上で作業をすることになりますが、これは作業効率にかなり影響を及ぼすのでオススメしません。

このような事態を避ける為にも、予約する際には予約サイトやホテルの公式HPに載っている室内の写真を見て、必ず作業ができそうなデスクがあるかどうかを確かめましょう。また、デスク同様に室内のスペースもホテルによって様々なので、圧迫感のある空間が苦手な方は部屋の広さも忘れずに確認を。

3. インターネット環境にも注目

PCでの作業がある方は、デスクだけでなくWi-Fiも必須。もし宿泊するビジネスホテルにWi-Fiが備え付けられてなければ、別途モバイルルーターなどを用意しなければなりません。これはかなりの手間なので、できるだけWi-Fiが使用できるビジネスホテルを選ぶことがベスト。Wi-Fiの有無は、ほとんどの場合予約サイトもしくはホテルの公式HPに記載されていますが、記載がなければ電話などで直接確認してみましょう。

4. 設備やアメニティも重要

快適なホテルステイの実現には、ホテルの環境だけでなく設備やアメニティを確認することも重要。寝心地の良い寝具や、室内のお風呂の他に大浴場があると最高ですよね。さらに、アメニティも歯ブラシやタオルだけでなくコーヒーやお茶のパック、着心地のいいナイトウェアなど充実した用意があると、最上級にリラックスした時間を送ることができるでしょう。また、USBポートやプリンターがあるホテルを選ぶと、仕事の準備をホテルで済ましておくこともできますよ。

5. 朝食サービスは朝の時短に繋がる

ホテルで朝食を済ませることができれば、わざわざコンビニに買いに行ったり、外食をしたりする必要がなくなります。その分出発の時間にも余裕ができるので、朝の準備を焦ることなくスムーズに行うことができます。さらに、効率面だけでなくホテルの食事は手作りのできたてを食べることができるので健康面でも嬉しいポイントですよね。

ビジネスホテルの宿泊料金を抑えるコツ

快適なホテルステイを実現したい、とはいえ宿泊費はできるだけ安く抑えたいところ。ここでは、出張でビジネスホテルに泊まる時だけでなく旅行の際にも使えるホテル費用を抑える4つのコツをご紹介します。

1. 主要エリアの隣駅はコスパよし

出張先となるビジネスの中心地は、ビジネスホテルの宿泊費が高い傾向にあります。しかし中心地でホテルを探すのではなく、その一駅隣のエリアでホテルを探すと質は高いのに料金は比較的安いホテルに宿泊することができます。隣駅であれば中心地にもほど近いので、なにかと利便性が高いこともポイント。

2. OTAを活用して効率よくホテル・プランを比較

OTA(オンライントラベルエージェント)とは、多くのホテルや宿泊プランを一覧で比較できる予約サイトのこと。複数のサイトを見比べなくても、一度に価格を見比べることができるので効率よくコスパの良いホテルを探すことができます。こうしたサイトは、エリアや価格、設備など細かい条件をつけて検索することもできるので、ホテル探しがぐっと楽になりますよね。

3. 候補のホテルは予約前に公式サイトをチェック

最近では、公式サイトで予約サイトよりも安い料金が提示されているケースがあります。そのため、先程紹介したOTAでいくつか候補を見つけたらそこに記載されている値段だけで宿泊するホテルを決めるのではなく、一度候補に出したホテルの公式サイトも確認してから選びましょう。

4. 安さだけを追求するならカプセルホテルも候補に

とりあえず寝ることができればいい、デスクやWi-Fiなどの設備や朝食などのサービスは必要ない、そんな場合にはビジネスホテルではなくカプセルホテルも候補に入れてみましょう。料金だけで見ると、ビジネスホテルよりカプセルホテルの方が圧倒的に安く宿泊することができます。

ビジネスホテルの予約ができない時の対処法

予約ができない時も次に紹介する3つの方法を試してみると、空いている部屋が見つかる場合があります。ホテルがどこも埋まってしまって予約ができない時はもちろん、どうしてもここに宿泊したいと思うビジネスホテルの部屋が埋まっている時にも役立つかもしれません。

1. 電話問い合わせを行う

予約サイトや公式サイト上には空室がなくても、それはキャンセルが反映されてないだけの可能性があります。サイトは必ずしもリアルタイムの情報を持っているわけではないので、一度ホテルに電話で直接確認してみるのがいいでしょう。さらに、電話をかける時間や日にちも非常に重要なので、次の2つのタイミングを狙ってみてください。

2. 宿泊の3日前に問い合わせをする

ほとんどのホテルはキャンセル料金発生を宿泊の3日前にしているので、このタイミングはキャンセルが集中し空室が出やすくなっています。あなたが宿泊をしたいと思っている日の3日前に電話をすれば、もともと予約を取っていた人がキャンセルを出して空室になっているかもしれませんよ。

3. 午後3時に問い合わせをする

午後3時はキャンセルの連絡が入りやすい時間帯と言われています。そのため、直接電話で問い合わせることでサイト反映前のキャンセルを拾える可能性が高くなります。

宿泊先をスムーズに賢く選んで、快適な滞在を

疲れが溜まる出張こそ、朝と夜は快適なホテルで過ごしたいですよね。今回紹介したホテル選びのポイントを抑えておけば、すぐに実現することができます。ぜひ、次回のホテル探しから活用してくださいね。

こちらの記事を共有する:

Share on twitter
ツイートする